迷い道

結婚相手から罠をかけられた。奈落に落ちてヒロにあった。ヒロは見違えるようないい女になっていた。再び舞台に戻り捨てられた謎に迫る。


野望6

 第3弾の記事が出た。ライブの秘書の他殺説に具体的にホテルの廊下に写っている後姿の女の写真を載せた。これは会長でもエリでもどきりとする写真だ。同様にエヌの社長がライブの会長の別荘に拉致されたとも載せた。かなりギリギリの攻めだ。警察から記事に対する問い合わせがあったぐらいだ。
 今日は顧問と専務に秘密裏に会うことになった。ホテルの会食だが私たちは名を明かすことなくエレベターからそっと部屋に入った。表向き専務はチェリーを会食に呼んでいる。チェリーは私たちが部屋に入るとそっと外に出た。
「やはり顧問と組んでいたのか?」
 専務が煙草をイライラもみ消す。
「確かに今社長への昇進の約束を反古にされ副社長が来た。あのエヌの社長とのこともただ会長の別荘に呼ぶだけの話だった。だが急に写真を撮るようにと指示があった」
「指示はあったわけですね?」
「私も馬鹿じゃない。携帯の録音をとっている」
「私を次期社長に推薦できるか?」
 私は顧問の顔を見た。
「見返りは?」
「専務の位置を守る。だが役員はライブの力が強いが?」
「私の方で2人は抑えれる。だがライブを葬れるか?」
「専務が組んでくれたら可能です」
 その時神部からメールが入る。
『エレベターの前に畠山が潜んでいます』
 私はそっと専務の前にスマホを出す。
「畠山が会長に回ったな。よし分かったこれから何かあればチェリーから伝える」
 専務は顧問と握手を交わすとチェリーを呼んで腕を組んで出ていく。





スポンサーサイト
テーマ : ミステリ    ジャンル : 小説・文学
  1. 2017/05/01(月) 06:23:42|
  2. ミステリー
  3. | comment 0

NEW ENTRY | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

yumebito86866

Author:yumebito86866
夢人です。これは『空白』に繋がる作品ですが、これは段ボール箱の住人ではありません。今回書下ろしで書き始めました。ここに登場する人物はみなどこかで触れあった人物ばかりです。そして知った事実がこの小説を書かせました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Designed by U-BOX


FC2Ad