迷い道

結婚相手から罠をかけられた。奈落に落ちてヒロにあった。ヒロは見違えるようないい女になっていた。再び舞台に戻り捨てられた謎に迫る。


野望7

「専務って信じれるのかしら?」
「信じるしか手がないのだ。専務だけを突き落してライブの会長を攻められないなら敗北だ」
 水野とタクシーに乗ってエヌの社長の自宅マンションに向かっている。エヌの社長はあの週刊誌の記事について聞きたがっているということだ。水野曰くは彼女があの日の事件を話すのは難しいと言う。
 マンションのボタンを押すと部屋まで来てくださいと社長の声がする。彼女はまだ独身で独り住まいをしていると聞いている。ドアを押すとジャージ姿の彼女が出てきた。紅茶が入っていてかなりリラックスしているようにも取れる。
「あの記事は兵頭さんが提供したと聞きましたが?」
「ええそうです」
「画像を見せていただけます?」
「いいですか?」
「ええ、上場をする時女を捨てました。それなのに脅しに屈服した自分が悲しいのです」
 私は持っていたスマホを開く。
「これだけですか?」
「5枚がありもっと強烈なのもありました」
「どこから?」
「畠山のパソコンの中です」
「私はどうしたら?」
「まず畠山から落とします。でもライブの会長にたどり着くためです」
「でもあの場に会長はいませんでした」
「専務が会長が指示してきた録音をとっています」
「専務と組んだわけですね?」
「専務を許すのは?」
「それはどうでもいいのです。でもこの事実を表にしても私の上場は汚されたまま」
「映像を週刊誌に出す気はありませんし、上場もしっかり守ってと考えています」
「これからは水野さんを通じて連絡お願いします」








スポンサーサイト
テーマ : ミステリ    ジャンル : 小説・文学
  1. 2017/05/02(火) 06:46:18|
  2. ミステリー
  3. | comment 0

NEW ENTRY | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

yumebito86866

Author:yumebito86866
夢人です。これは『空白』に繋がる作品ですが、これは段ボール箱の住人ではありません。今回書下ろしで書き始めました。ここに登場する人物はみなどこかで触れあった人物ばかりです。そして知った事実がこの小説を書かせました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Designed by U-BOX


FC2Ad