迷い道

結婚相手から罠をかけられた。奈落に落ちてヒロにあった。ヒロは見違えるようないい女になっていた。再び舞台に戻り捨てられた謎に迫る。


野望9

 朝珍しく正一社長からメールが入った。
『アゲの依頼でそちらのエリのパソコンへの侵入をしているが、どうもこれはライブの会長の指示で特別なセキュリーティが掛けられている。少し料金が上がるがいいか?それとアゲが君に対して妄想の恋をしている。注意してくれよ』
「でしょ?」
 布団の中から裸のヒロが顔を出してくる。日曜日はこうして布団の中で二人でごろごろしている。
 夜のうちにもう1通メールが入っている。
『遅れていましたが、エリの履歴を送ります。この中で興味のある情報を調べてみました。実はライブは初期のころから共同経営だったのです・・・』
 これは初めての情報だ。ヒロが布団にもぐりこんで私のものを咥えている。
『・・・エリが入社したころはライブの会長の下に共同代表の社長がいました。実は奥さんは彼と結婚する予定だったようです。技術畑の彼と株操作の好きな会長と度々衝突を繰り返していました。それがその彼がエリに手を出して奥さんと別れる原因になったのです。でも当時の社員に聞いてみると、エリが誘ってわざと二人でベットで写っている写真を流したというのです』
 エリならあり得る。
『・・・その後社長は毒を飲んで自殺をしているのです。これは今回の秘書の自殺をイメージします』
 やはり繰り返されたいるわけだ。
 もう耐えれなくなってヒロを抱き上げて両足を抱えて差し込む。昨夜の続きだ。
「久しぶりに焼肉を食べに行こう」
「その後新宿に行かない?ニュハーフのママを紹介するよ」
「帰らなくていいのか?」
「日曜日の夜はショーに出るようにしたの」









スポンサーサイト
テーマ : ミステリ    ジャンル : 小説・文学
  1. 2017/05/04(木) 06:54:48|
  2. ミステリー
  3. | comment 0

NEW ENTRY | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

yumebito86866

Author:yumebito86866
夢人です。これは『空白』に繋がる作品ですが、これは段ボール箱の住人ではありません。今回書下ろしで書き始めました。ここに登場する人物はみなどこかで触れあった人物ばかりです。そして知った事実がこの小説を書かせました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Designed by U-BOX


FC2Ad