迷い道

結婚相手から罠をかけられた。奈落に落ちてヒロにあった。ヒロは見違えるようないい女になっていた。再び舞台に戻り捨てられた謎に迫る。


迷路5

「今いいか?」
「顧問、いえ社長どうしてこちらに?」
 水野はエヌの社長のところに出ていて、私が一人杖を置いてパソコンで次の原稿を書いている。
「昨日から専務が連絡が取れない。それでエヌの未公開株についての回答が書けないでいる。それだけではなく畠山君が代行を依頼されたと上場チームを統括している」
 万が一を考えてアゲに専務のスマホの位置確認ができるようにしている。私を襲うなら造反をした専務を襲うこともあり得る。それに専務もまだすべてをこちらに明らかにしていない。部分的連携だ。素早くアゲにメールを入れる。
「昨夜はどこに?」
「『梨花』にいつものように行ったと思いますが?」
『ヒロ、専務は昨夜来たか?帰りは?行方不明なんだ』
『そうね。8時に来ていて、10時半に畠山が来て出ていったわ』
「どうも畠山が連れ出したようです」
「奴か」
 社長も畠山には注意している。
「取りあえず専務はこちらで探しますが、畠山に代行をさせないでください」
『アゲよ!畠山と専務は昨夜同じ位置を動いていたよ』
『専務の位置は分かるか?』
『新橋のあのSのビルよ』
 すぐに神部のスマホを呼び出す。
『専務の救出に車を出してください。私を積んでSに向かってください』
 いつの間にか目の前の社長は消えている。






スポンサーサイト
テーマ : ミステリ    ジャンル : 小説・文学
  1. 2017/05/12(金) 06:55:19|
  2. ミステリー
  3. | comment 0

NEW ENTRY | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

yumebito86866

Author:yumebito86866
夢人です。これは『空白』に繋がる作品ですが、これは段ボール箱の住人ではありません。今回書下ろしで書き始めました。ここに登場する人物はみなどこかで触れあった人物ばかりです。そして知った事実がこの小説を書かせました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Designed by U-BOX


FC2Ad