迷い道

結婚相手から罠をかけられた。奈落に落ちてヒロにあった。ヒロは見違えるようないい女になっていた。再び舞台に戻り捨てられた謎に迫る。


迷路12

 またいつもの喫茶店で神部と会う。
「まずエリの男関係の調査ですが、今のところまったく見えませんね。ただ見過ごしていたのですが、今の戸籍は彼女が18歳の時に作られています」
「それはどういうこと?」
 神部はどうしてエリの戸籍をとれたのだろうか。それに彼女の戸籍は一人っきりだ。
「不思議だろ?それでいろいろと手を使って調べた。原籍にたどってみたのです。青森に母親の籍があって両親は亡くなっています。子供は長男に長女がいます。だが青森に調査を頼みましたが、すでに自宅はなくなていていました。その長女がエリです」
「長男は?」
「長男はまだ籍は残っていますが、どこにいるかは不明です。母親も同様です。これ以上は調査は無理です」
 コーヒーカップを持ち上げた時スマホが鳴る。ヒロかアゲか?
『今からすぐに戻ってこれるか?』
 今のトップの社長だ。
『何かあったのですか?』
 社長が直接入れてくるには初めてだ。
『君が調査の依頼をしてきたネット証券会社の買収資金の200億の出所が分かった。あのSから出ている。だがSから先は分からない』
『10分ほどで戻ります』
「Sをもう少し調べてほしい」
「Sは気になるのであの女性社員を張り付けていますよ。まず出入りの人物は写真を撮って身元確認をしています。畠山は何度か訪ねてきています。それに今回は男性に女社長を尾行させています。彼女は先日『梨花』に行ってエリに会っています』
「元同僚ということもありますが、エリはSに係わりがあるように思いますね」











スポンサーサイト
テーマ : ミステリ    ジャンル : 小説・文学
  1. 2017/05/19(金) 06:46:34|
  2. ミステリー
  3. | comment 0

NEW ENTRY | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

yumebito86866

Author:yumebito86866
夢人です。これは『空白』に繋がる作品ですが、これは段ボール箱の住人ではありません。今回書下ろしで書き始めました。ここに登場する人物はみなどこかで触れあった人物ばかりです。そして知った事実がこの小説を書かせました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Designed by U-BOX


FC2Ad