FC2ブログ

迷い道

結婚相手から罠をかけられた。奈落に落ちてヒロにあった。ヒロは見違えるようないい女になっていた。再び舞台に戻り捨てられた謎に迫る。


分裂2

 ライブの会議室には新聞記者、雑誌記者、証券会社、銀行等が集まった。女記者は最前列にカメラマンを置いて陣取っている。私は最後列に水野と並んで座る。広報の担当者がマイクの準備をしている。約束の時間きっかりにグレイのスーツ姿の会長の奥さんが現れる。
「実はライブの開発は彼女がしてきたのだ」
「会長は?」
「裏工作専門だよ」
 水野の耳元で囁く。
「先ほどライブの取締役会を開きました。会長は解任、以下2名の取締役も同様です」
 広報が用意していた新取締役の経歴書を配る。奥さんが社長でメイン銀行から役員を入れている。それに朽谷が常務に並んでいる。相当前から奥さんは用意周到に準備していたのだ。
「続いて早急にグループ会社の役員も入れ替えるつもりです。それと私は主人と離婚し、早見に戻ります」
 1時間ばかりの説明を終えると新聞記者たちは走り出して外に出た。
「少しコーヒーをいかがですか?」
 早見社長が立っている。隣の社長室に招き入れる。水野は不思議そうについてくる。
「やはりすでに綿密に計画されていたのですね?」
「いえ張りぼてです」
「会長は同意されているのですか?」
「奇襲作戦です。これしか生き残る方法が見えなかったのです。だからこれからが闘いです。主人はきっと今エリさんと会っているはずです」
「西崎さんは?」
「彼は唯一裏の会社を整理できます」
「私に何ができます?」
「あなたはエリさんを追い詰めることができる唯一の人だわ」
「組める範囲で組みますよ」



 





スポンサーサイト



テーマ : ミステリ    ジャンル : 小説・文学
  1. 2019/07/01(月) 06:20:03|
  2. ミステリー
  3. | comment 0

NEW ENTRY | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

yumebito86866

Author:yumebito86866
夢人です。これは『空白』に繋がる作品ですが、これは段ボール箱の住人ではありません。今回書下ろしで書き始めました。ここに登場する人物はみなどこかで触れあった人物ばかりです。そして知った事実がこの小説を書かせました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Designed by U-BOX