FC2ブログ

迷い道

結婚相手から罠をかけられた。奈落に落ちてヒロにあった。ヒロは見違えるようないい女になっていた。再び舞台に戻り捨てられた謎に迫る。


分裂10

 社長室にはテレビ局社長が1時間前に入っている。そこに早見社長が一人で登場する。私はその円卓の入口側に座る。水野が用意したコーヒーを並べて部屋を出ていく。
「新生ライブは敵対的株の買い占めは今後行いません。本来のIT事業に絞り込んで再生を考えています」
と早見社長は私にメモを渡し私が社長に渡す。社長はテレビ局の社長に見せてひそひそと話している。
「思い切った提示だね?」
「今渡辺元会長が外資系投資会社を使ってライブの会社の株を買い進んでいます。この資金がなければまたライブは渡辺のものになります」
「それは困るな」
 社長が私にメモ用紙を渡す。時価の7割での引き取りで提示されている。
「どうだ?」
「撤退後の株価ですのでリスクはありません。それに株式がこれ以上買いこまれれば取締役会の決議は覆されて、次にはテレビ局の株を買い増すことが考えられます」
 私はスマホでライブの株のチャートを見ながら答える。
「条件は?」
「来週の頭には資金が必要なのです」
 社長がテレビ局の社長に囁いて頷いている。
「早い方がいいでしょう。今週末の朝に入れましょう」
 早見社長は頭を下げて部屋を出る。私は彼女をエレベーターまで送る。
「大きな借りね。今度はあなたに力を貸すわ」
 彼女の姿が消えると、先ほど入ってきたメールを見る。
『エリが吉井組長の部下を連れてタイに向かいました。私も同じ便で飛行機に乗っています。アゲの情報では畠山は同じ位置にいるとのことです』
 神部からだ。









スポンサーサイト



テーマ : ミステリ    ジャンル : 小説・文学
  1. 2019/07/13(土) 07:12:02|
  2. ミステリー
  3. | comment 0

NEW ENTRY | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

yumebito86866

Author:yumebito86866
夢人です。これは『空白』に繋がる作品ですが、これは段ボール箱の住人ではありません。今回書下ろしで書き始めました。ここに登場する人物はみなどこかで触れあった人物ばかりです。そして知った事実がこの小説を書かせました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Designed by U-BOX