FC2ブログ

迷い道

結婚相手から罠をかけられた。奈落に落ちてヒロにあった。ヒロは見違えるようないい女になっていた。再び舞台に戻り捨てられた謎に迫る。


秘密10

『ビルの下の喫茶店にいます』
 突然のライブの奥さんのメールだ。どうして私のアドレスを知ったのか?
 ビルを下りて喫茶店を覗くと、コーヒーを手に窓の外を眺めている。何度か週刊誌で彼女の顔を見ている。40歳だが5歳ほど若く見える。
「どうして?」
「私は開発者ですよ。あなたとんでもないセックスフレンドがいるのね?」
 アゲの写真も見られている。私のスマホに侵入している。
「今日は提案に来た。あなたもいろいろ調べているから前置きはしない。私と組まない?」
「どういうことですか?」
「今回の監査請求ではライブは持たないわ。私はずっと主人に反対してきた。エリと組んだ時からこの道は見えていた。近々に離婚するわ」
「朽谷さんと?」
「よく調べているのね?主人は自分が先導していると思っているけど、エリに操られている。秘書の自殺で脅されている。あなたのことだからもう調べ済みでしょう?」
 彼女も秘書をエリが殺したことを知っている。会長の指示をエリは脅しの材料に使っているのだろう。
「秘書の死は社員を2分にした。このままでは監査請求で崩壊する。でも私は会社と社員は守りたい。もちろん今すぐの返事は期待していない。必ず私が必要になる」
「会長は今もエリと?」
「主人は起業塾の女を漁っている。エリとは今は関係がないわ。ただエリの先は怖いのよ。それもあなたのことだから調べてるよね?」
「西崎がパイプだな?」
「ええそうよ。彼が抑えてくれると信じているわ」
と言うなりサングラスをかけて立ち上がる。









スポンサーサイト

テーマ : ミステリ    ジャンル : 小説・文学
  1. 2018/12/19(水) 06:54:33|
  2. ミステリー
  3. | comment 0
<<秘密11 | BLOG TOP | 秘密9>>

comment


  管理者にだけ表示を許可する
 

<<秘密11 | BLOG TOP |  秘密9>>

プロフィール

yumebito86866

Author:yumebito86866
夢人です。これは『空白』に繋がる作品ですが、これは段ボール箱の住人ではありません。今回書下ろしで書き始めました。ここに登場する人物はみなどこかで触れあった人物ばかりです。そして知った事実がこの小説を書かせました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Designed by U-BOX


FC2Ad