FC2ブログ

迷い道

結婚相手から罠をかけられた。奈落に落ちてヒロにあった。ヒロは見違えるようないい女になっていた。再び舞台に戻り捨てられた謎に迫る。


急転5

 夜半まで熱海のホテルを回ったが写真の車は発見されなかった。結局途中のホテルに宿泊して夜を明かした。翌朝続いてホテルを回っていたら巡査とぶつかった。警察も動き出している。
『まさかチェリーが男だったとはな!』
 ヒロが全裸で縛られていて、男の手がヒロのものを握って写真が添付されている。
『だが気に入った。これ以上この事件を暴くな』
 西崎だ。慌ててアゲにこのメールを転送する。
『調べてくれこれは西崎だ』
「西崎からメールが入ったのですね?」
 さすがにヒロの写真を見せられず頷いた。
「あの週刊誌を見たのだ。だが熱海に来ているとは思っていない」
「もう60軒は回りました。ホテルではない可能性もありますね」
「社宅か別荘か?」
 私は思い出して朽谷にメールを流す。
『ライブグループの役員専用の別荘が熱海にある。電話番号を送る』
 神部がそれをナビに入れる。
「ここから遠くない海岸にあります」
 車を別荘に着けるとガレージを覗いた。閉まったままだ。出た後か!?神部が玄関の鍵を合鍵でようやく開ける。玄関には靴はない。部屋に上がるとビニール袋にカップヌードルや缶ビールの空き缶が掘り込まれている。縛られていた縄が残っている。間違いなくここにいた。
『西崎の位置が見つかったよ。別荘から山側に動いている。芦ノ湖に向かっているよ』
 アゲからのメールだ。
「これだったら追い付くのに3時間かかりますね」
 部下がもう表に車を回している。




スポンサーサイト

テーマ : ミステリ    ジャンル : 小説・文学
  1. 2019/02/05(火) 06:02:27|
  2. ミステリー
  3. | comment 0
<<急転6 | BLOG TOP | 急転4>>

comment


  管理者にだけ表示を許可する
 

<<急転6 | BLOG TOP |  急転4>>

プロフィール

yumebito86866

Author:yumebito86866
夢人です。これは『空白』に繋がる作品ですが、これは段ボール箱の住人ではありません。今回書下ろしで書き始めました。ここに登場する人物はみなどこかで触れあった人物ばかりです。そして知った事実がこの小説を書かせました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Designed by U-BOX


FC2Ad