FC2ブログ

迷い道

結婚相手から罠をかけられた。奈落に落ちてヒロにあった。ヒロは見違えるようないい女になっていた。再び舞台に戻り捨てられた謎に迫る。


急転11

 夜エリとタクシーでマンションに着いた。
『エリのマンションに泊まるの?気を付けて。彼女が先ほどメールを打っているけど、これって西崎の可能性大ありよ』
 やはりエリは西崎の居場所を知っている。匿っているのもエリかもしれない。部屋に入るとそのままベットルームに入る。それから冷蔵庫からチーズとワインを出してくる。ワインは秘書に毒を持った飲み物だ。私はポケットからアゲが作ったUSBを出す。
「私にはもう用がないわ」
 もう裸になっている。
「飲まないの?」
「毒は入っていないわ。私の飲んだワインを続けて飲んだら?」
 半分ほど飲んでグラスを渡す。エリは新しいグラスにワインを注ぐ。ワインを口に含んで私のものを咥えた。殺す気はなさそうだ。そう思うと急に口の中で反り返ってくる。元々エリはファエラは得意だ。喉の奥まで入れる。
「私のアナルを舐めてくれる?初めてだから優しくね」
 いつの間にはヒロに鍛えられた亀頭をアナルに押し付ける。
「あ!」
「痛かった?」
「もう入っているの?」
「ああ、しっかり奥まで入っている」
「ヒロと比べてどう?」
「少し窮屈だけど気持ちはいい」
「あなたと一緒になるべきだったのね」
 その言葉を何度も独り言のように言いながら白目をむいている。






スポンサーサイト

テーマ : ミステリ    ジャンル : 小説・文学
  1. 2019/02/11(月) 06:17:55|
  2. ミステリー
  3. | comment 0
<<暴露1 | BLOG TOP | 急転10 >>

comment


  管理者にだけ表示を許可する
 

<<暴露1 | BLOG TOP |  急転10 >>

プロフィール

yumebito86866

Author:yumebito86866
夢人です。これは『空白』に繋がる作品ですが、これは段ボール箱の住人ではありません。今回書下ろしで書き始めました。ここに登場する人物はみなどこかで触れあった人物ばかりです。そして知った事実がこの小説を書かせました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Designed by U-BOX


FC2Ad