FC2ブログ

迷い道

結婚相手から罠をかけられた。奈落に落ちてヒロにあった。ヒロは見違えるようないい女になっていた。再び舞台に戻り捨てられた謎に迫る。


迷い道1

「あの女の子は毒は入っていませんでした。睡眠薬ですね。こちらの二人のグラスには毒が入っていました。男性の方はすでに息絶えていますが、女性の方はまだ脈はありますが今後危ないです」
と説明して医者が病室を出ていく。部屋には岬と私がいる。すでに西崎は解剖に運ばれている。入口には警察官が立っている。エリは指名手配犯だ。
 岬がポケットから白い封筒を出す。
「エリの遺書だよ」
 私に渡すと部屋を出ていく。私は窓際のヒロのベットの横に座る。
『チェリーを助けるのは約束だわね。でも西崎も私ももう生きていく希望がない。彼も可哀想な男なの。彼は私を愛していたけど、私は兄しか愛していなかった。でも一度あなたを愛した。なのに私はあなたを罠にかけた。それで自分からあなたを失った。次は生まれてきた子供を愛したけど、それも失った。兄はもう私から逃げ出してしまっている。ヒロはいい女だったわ。だがら守ってあげる。さよなら』
 短い手紙だった。
『エリが会っていた弁護士に会ってきましたよ』
 救急車に運ばれてから神部は姿を姿を消していた。
『エリは『梨花』をチェリーに譲っていましたよ。チェリーは『梨花』の社長です』
 どうしてだ?
 ヒロの額をなぜてやる。ヒロもまだ起きてこないのだな。





スポンサーサイト

テーマ : ミステリ    ジャンル : 小説・文学
  1. 2019/03/01(金) 06:54:35|
  2. ミステリー
  3. | comment 0
<<迷い道2 | BLOG TOP | 暴露10>>

comment


  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

yumebito86866

Author:yumebito86866
夢人です。これは『空白』に繋がる作品ですが、これは段ボール箱の住人ではありません。今回書下ろしで書き始めました。ここに登場する人物はみなどこかで触れあった人物ばかりです。そして知った事実がこの小説を書かせました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Designed by U-BOX


FC2Ad