FC2ブログ

迷い道

結婚相手から罠をかけられた。奈落に落ちてヒロにあった。ヒロは見違えるようないい女になっていた。再び舞台に戻り捨てられた謎に迫る。


宣戦布告1

 自己都合退職後もう半年が過ぎた。思い切って会長の携帯に連絡を入れて今日天王寺のホテルで会うことになった。
「力及ばず悪かった」
と冒頭会長が頭を下げた。
「いえ、私が嵌められたのです。この名刺は?」
 証券ジャーナル誌の顧問とある。
「このビルは最大証券会社の本社ビルじゃないですか?」
「昔ここに10年お世話になっていたのだよ。社長は当時の上司だ。この顧問室はライブの対策室なのだよ」
「対策室?」
「証券界はライブのようなIT企業を恐れているのだよ。それで私に声がかかった。私も上辻専務が私の証券会社を潰すのを恐れている。ライブと心中は困るのだ」
「ライブは潰れる?」
「いや潰すのだという強力な力が動いている」
「今あの事件はどう決着しているのですか?」
「表向きは君の未公開株購入だけが残ったが秘書の自殺でうやむやになっている。今は警察から検察に引き継がれている。ここともパイプをもって調査をしている。それで君の力を借りたい。もちろん条件は提示してほしい」
「条件までは待ってほしいが無念は晴らしたいと思います」
 私にとっては宣戦布告の気持ちだ。
「現在どこまで進んでいるのですか?」
「ライブの会社資料を洗い出している。それと自殺した会長の秘書の調査をしている。だがまだ追求できる材料まで入ってない」
「私はかなり核心まで迫っています。だがきれいごとでは対決できないと思います」
「それは私もそうだ」
 会長は立ち上がって握手をした。









スポンサーサイト

テーマ : ミステリ    ジャンル : 小説・文学
  1. 2018/10/03(水) 06:47:09|
  2. ミステリー
  3. | comment 0
<<宣戦布告2 | BLOG TOP | 振出11>>

comment


  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

yumebito86866

Author:yumebito86866
夢人です。これは『空白』に繋がる作品ですが、これは段ボール箱の住人ではありません。今回書下ろしで書き始めました。ここに登場する人物はみなどこかで触れあった人物ばかりです。そして知った事実がこの小説を書かせました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Designed by U-BOX


FC2Ad