FC2ブログ

迷い道

結婚相手から罠をかけられた。奈落に落ちてヒロにあった。ヒロは見違えるようないい女になっていた。再び舞台に戻り捨てられた謎に迫る。


宣戦布告6

 パソコンだけを鞄に詰め込んでヒロと新幹線に乗った。彼女は荷造りで徹夜してすやすや眠っている。恋人にしては若すぎるが妹というほどまったく似ていない。私はアゲから送られてきた資料に目を通す。今回の上場は上場チームが全員担当しているようだ。
 エヌの社長はまだ32歳で私と同年配だ。最近は女性社長の上場も珍しくなくなっているが若い。ライブの渡辺会長の起業塾のニューフェイスのようだった。公式の履歴書も出来上がっている。会社設立して5年で上場という位置にいる。ライブとは取引はないが、株はライブが5000万を所持している。
 八重洲でヒロと別れる。彼女は新宿のニューハーフクラブに向かう。私は日本橋の証券会社の本社ビルに向かう。約束の時間ちょうどに調査室のドアをノックする。
「待っていた」
 握手をして会長が顧問室に迎え入れる。最後に見た時よりも若々しい。63歳のはずだが50代後半に見える。部屋のソファに黒のスーツ姿の女性が座っている。
「彼女がエヌに主査で出向する水野君だ」
 挨拶はそこまでで分厚いファイルを3冊用意して読み合わせを始める。彼女は東大のエリートで質問は的確だ。私のような地方大学ではない。
「現在はとくにエヌに上場資格には問題ありません」
「株主構成は?」
「ライブ関連は13%ですが社長自身の持ち株がこの時点72%と問題はないですね」
「今まででは次の未公開株で不透明な動きがあると思います」
 顧問は腕時計を見て、
「入社祝いに席を用意している。少し遅くなったな。妹さんも呼ぶかい?」
「いえ向こうも就活ですよ」







スポンサーサイト

テーマ : ミステリ    ジャンル : 小説・文学
  1. 2019/04/10(水) 07:09:09|
  2. ミステリー
  3. | comment 0
<<宣戦布告7 | BLOG TOP | 宣戦布告5>>

comment


  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

yumebito86866

Author:yumebito86866
夢人です。これは『空白』に繋がる作品ですが、これは段ボール箱の住人ではありません。今回書下ろしで書き始めました。ここに登場する人物はみなどこかで触れあった人物ばかりです。そして知った事実がこの小説を書かせました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Designed by U-BOX


FC2Ad