FC2ブログ

迷い道

結婚相手から罠をかけられた。奈落に落ちてヒロにあった。ヒロは見違えるようないい女になっていた。再び舞台に戻り捨てられた謎に迫る。


糸口8

 マンションの路地の奥にあるレストランに入る。私は尾行を注意してタクシーを遠回りさせた。最近は尾行はないようだ。このレストランは夜に一人でよく入っている。客のうち外人が半分だ。マスターのインド人は私の顔を覚えていて窓際に座らせてくれる。しばらく遅れてチェリーがコートの下に仕事着を着て現れる。マスターが驚いたように見ている。
「着替えて来なかったのか?」
「飛んできたもの」
 さすがの外人も驚いてみている。
「エリママのサブになったのよ。来月からハワイに子供を産みに行くそうよ。私エリママを見ていると雄介と抱き合っている姿が浮かんで、つい勃起してしまうの」
 エリの子供は専務とばかり思っていたが最近は不安だ。もし自分の子なら。
「これはライブの会長とママが小声で話していたのを聞いたけど、出産費用や旅行費用は会長が持つそうよ」
「専務は?」
「これは私の勘だけど、ママの子供は会長だという気がしている」
「専務はよく店に来ているのだろう?」
「時々ニューハーフを連れてきている。それに私をよく席に呼ぶよ」
 そう言えば時々専務に2次会の後ニューハーフの店に行った。
『エリの履歴を調べてくれ』
 神部にメールを入れる。入れ違いに顧問からメールが来た。
『会社に戻るかと思って待っていたが…明日エヌの担当部長がエヌの社長に会いに行くことになった。未公開リストは主幹事では受け入れられないという内容だ。副幹事にも同様の報告書を渡す』
「奥さんですか?」
 マスターが声をかけてくる。
「いや妹だ」
 チェリーは不満そうで睨んでいる。













スポンサーサイト

テーマ : ミステリ    ジャンル : 小説・文学
  1. 2018/10/22(月) 06:46:43|
  2. ミステリー
  3. | comment 0
<<糸口9 | BLOG TOP | 糸口7>>

comment


  管理者にだけ表示を許可する
 

<<糸口9 | BLOG TOP |  糸口7>>

プロフィール

yumebito86866

Author:yumebito86866
夢人です。これは『空白』に繋がる作品ですが、これは段ボール箱の住人ではありません。今回書下ろしで書き始めました。ここに登場する人物はみなどこかで触れあった人物ばかりです。そして知った事実がこの小説を書かせました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Designed by U-BOX


FC2Ad