FC2ブログ

迷い道

結婚相手から罠をかけられた。奈落に落ちてヒロにあった。ヒロは見違えるようないい女になっていた。再び舞台に戻り捨てられた謎に迫る。


野望5

「どうするの?」
 水野が机を叩いて言う。
「このままではエヌは上場してしまうわよ」
 顧問はほとんど自分の息子の証券会社に行ったきりだ。ライブから来た役員は副社長の席に座っている。今社長の退任の話が進んでいる。
「ライブの会長を攻める手立てが見つからない。今なら専務を切り捨てて逃げてしまうな」
 顧問が大きな鞄を抱えて部屋に入って来る。かなり疲れ切った顔をしている。椅子に座ると大きなため息が漏れる。彼女はお茶を入れて戻ってくる。
「メインバンクも社長の退任を要求している」
「これは嫌だろうと思いますが専務と一度手を握るというのは?」
「どうしてだ?」
「実はライブの会長の攻撃を止める手が今はないのです。だが専務は唯一ライブの会長の弱点です」
 私は会長と専務の構図を描いてみせる。
「例のエヌの社長の写真を見せたのか?」
「ええ、かなり考えてます」
「でもエヌの社長は否定します」
 水野がまだ話ができていないという。
「今度エヌの社長との席をセットできるか?」
「それは頑張ります」
「かなり綱渡りだが、今の状態よりいいかもしれんな。一度私を入れて専務と会う段取りができませんか?」
「よし腹をくくる」












スポンサーサイト

テーマ : ミステリ    ジャンル : 小説・文学
  1. 2018/10/30(火) 07:27:09|
  2. ミステリー
  3. | comment 0
<<野望6 | BLOG TOP | 野望4>>

comment


  管理者にだけ表示を許可する
 

<<野望6 | BLOG TOP |  野望4>>

プロフィール

yumebito86866

Author:yumebito86866
夢人です。これは『空白』に繋がる作品ですが、これは段ボール箱の住人ではありません。今回書下ろしで書き始めました。ここに登場する人物はみなどこかで触れあった人物ばかりです。そして知った事実がこの小説を書かせました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Designed by U-BOX


FC2Ad