FC2ブログ

迷い道

結婚相手から罠をかけられた。奈落に落ちてヒロにあった。ヒロは見違えるようないい女になっていた。再び舞台に戻り捨てられた謎に迫る。


切り込む4

 エムの株式売買でネット証券の社長と取締役部長の畠山が証券監視委員会に呼び出された。これについては女記者が独自の取材で記事を書いている。委員の誰かから情報を取ったようだ。案外社長かもしれない。エムの売買工作は畠山の独断と言うことになったようだ。翌日に畠山は自己都合退職をした。
 『今夜横浜のクラブに来てください。夜は同伴をよろしくお願いします』
 岬女刑事の初メールだ。夜の約束した10時に店に入る。店の中を見渡すが岬は見当たらない。あまり柄のよくないクラブだ。大きく胸の空いたドレスの女がエスコートしてくる。耳元で、
「岬よ」
と囁かれて慌てて顔を見る。化粧すると能面のような顔が色っぽく見える。
「前の店の常連」
と相方のホステスに言う。別人だ。いつの間に潜入したのか。
「後ろに組の小頭が来ている。ここは吉井組が経営しているという噂」
 息を吹きかけるように囁く。胸元から微かに乳首が見える。これが公務員か。
「岬ちゃん、こちらの席にも寄ってよ」
 ごつい顔に似ぬ猫なで声だ。
「今日は彼氏とデートよ。親分が来られたよ」
 吉井組長が入ってきて一人カウンターにかける。隣に座っているのは西崎だ。見たからに親しそうだ。西崎はスマホを見せている。
「報告をしているの」
 組長は1時間ほどで出ていき、西崎は岬をカウンターに呼んだ。もうしっかり西崎に近づいている。10分ほどで岬が席に戻ってきて、
「同伴よ」
と腕を組む。入口で5万を払うと、コートを着た岬が出てくる。
「つけられている。新人はこうした調査をされるようなの」
と少し歩いたラブホテルに抱き付くように入る。
「朝まで泊まるのよ。同じベットに寝ても気にならない?」









スポンサーサイト

テーマ : ミステリ    ジャンル : 小説・文学
  1. 2018/12/01(土) 08:09:46|
  2. ミステリー
  3. | comment 0
<<切り込む5 | BLOG TOP | 切り込む3>>

comment


  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

yumebito86866

Author:yumebito86866
夢人です。これは『空白』に繋がる作品ですが、これは段ボール箱の住人ではありません。今回書下ろしで書き始めました。ここに登場する人物はみなどこかで触れあった人物ばかりです。そして知った事実がこの小説を書かせました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Designed by U-BOX


FC2Ad