FC2ブログ

迷い道

結婚相手から罠をかけられた。奈落に落ちてヒロにあった。ヒロは見違えるようないい女になっていた。再び舞台に戻り捨てられた謎に迫る。


切り込む12

 正式な畠山刑事告発の発表が警察からあった。だが被害額が不明とあった。今夜は岬のメールがあり9時に横浜のクラブに行く。また岬の狭間を見せられてはさすがに危ない。吉井組長が会いたいと言うことだ。
『・・・吉井組長は38歳で2つ下の奥さんに子供が2人います。実は奥さんは前の組長の先妻の一人娘で彼は若頭の時に結ばれている。前の調べで分かっていると思うが、内妻は彼の母親です。だから籍を入れられなかった』
 神部の報告を思い出しながら横浜のクラブに入る。すでに入口に岬が大きく胸の空いたドレスで立っている。
「どうして私の名が出た?」
「分からない」
 席に座ると耳元で話す。
「ここはオレオレ詐欺の連中の巣よ。西崎と組長はそれで繋がっていると思う。でも証拠がない」
「待たせたね」
 組長が前に座る。岬は席を立つ。やはりエリに似ている。
「私を知っているのですか?」
「ああ、私の彼女の恋人だった」
 まさか自分から切り出してくるとは思わなかった。
「エリは君を愛していた」
「それはないですよ。罠にかけられて退職しました」
「私も祝福していた」
「・・・」
「だが彼奴はまた修羅の道に戻った」
と言うともう立ち上がっている。待っていたように岬がコートを手に席に戻ってくる。
「話じっくり聞かせてね」
 腕をつかむとホテルに行く気だ。入れ違いに西崎がチェリーを連れて入ってくる。何と間の悪いことだ。ヒロの目から光が走っている。
「私はバージンではないから気にしないでいいのよ」
と岬はその気だ。









スポンサーサイト

テーマ : ミステリ    ジャンル : 小説・文学
  1. 2018/12/09(日) 07:31:00|
  2. ミステリー
  3. | comment 0
<<秘密1 | BLOG TOP | 切り込む11>>

comment


  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

yumebito86866

Author:yumebito86866
夢人です。これは『空白』に繋がる作品ですが、これは段ボール箱の住人ではありません。今回書下ろしで書き始めました。ここに登場する人物はみなどこかで触れあった人物ばかりです。そして知った事実がこの小説を書かせました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Designed by U-BOX


FC2Ad