FC2ブログ

迷い道

結婚相手から罠をかけられた。奈落に落ちてヒロにあった。ヒロは見違えるようないい女になっていた。再び舞台に戻り捨てられた謎に迫る。


秘密2

 岬が急に私の部屋に現れた。たまたま水野は向こうの証券会社に行っている。珍しくスーツ姿でいつもの能面の顔をしている。
「どうした?」
「緊急の用なの。部長にオレオレ詐欺のボスに何人かを挙げるように言われた」
 パソコンにUSBを差し込む。
「この男は時々クラブに顔を出している。それとこの女も」
 確かにクラブで見た顔だ。
「刑事に調べさせたら都内で事務所を構えているどちらもボスよ。チンピラを押さえてもう任意で呼んだ。Nの先行きが見えないので上も焦っているの」
「それで?」
「西崎の名も引き出した。だけど追い込むのには難しい。あなたのアゲと言う子にこの番号のスマホに入ってもらいたいの」
「アゲを捕まえないだろうな?」
「もちろん。非合法だから」
と言われてすぐにアゲにその内容のメールを送る。岬はつかつかとドアまで行って鍵を閉める。戻ってくるとスマホを打っている私のズボンを下げる。口に咥えると情けないことにもう大きくなっている。今度はスカートをまくると、もうそこにつるんとした狭間が見える。簡単にそのまままたぐように座る。
「私一人で昨日もあなたのものを思ってオナニーしたわ」
「不味いぞ」
「分かってる。でも潜入でこれを覚えてから病気になったわ」
「西崎ともやったのか?」
「ええ、でも彼はあのチェリーにイカレテいるわ」
「チェリーとしたと言ってたか?」
「本番はまだと言ってたわ」
「西崎も引っ張るのか?」
「私は立ち会わないから大丈夫…ああ・・・」
 15分で持たずに破裂した。









スポンサーサイト

テーマ : ミステリ    ジャンル : 小説・文学
  1. 2018/12/11(火) 06:46:45|
  2. ミステリー
  3. | comment 0
<<秘密3 | BLOG TOP | 秘密1>>

comment


  管理者にだけ表示を許可する
 

<<秘密3 | BLOG TOP |  秘密1>>

プロフィール

yumebito86866

Author:yumebito86866
夢人です。これは『空白』に繋がる作品ですが、これは段ボール箱の住人ではありません。今回書下ろしで書き始めました。ここに登場する人物はみなどこかで触れあった人物ばかりです。そして知った事実がこの小説を書かせました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Designed by U-BOX


FC2Ad