FC2ブログ

迷い道

結婚相手から罠をかけられた。奈落に落ちてヒロにあった。ヒロは見違えるようないい女になっていた。再び舞台に戻り捨てられた謎に迫る。


秘密7

 急に空気が薄くなったと感じる。夜のうちに机と椅子が運び込まれ、ネットの回線も引き込まれた。連日喧騒のような中で調査は進む。水野は監査請求の文章を作成にかかっている。私は逃げるように外に出た。水野の恨めしそうな眼を見てコートを手に飛び出す。神部の事務所に呼び出されたのだ。
「忙しいとこ悪かったですね」
 事務所のドアを押すとどうも部屋が狭くなった感じだ。3人の社員が窮屈そうだ。奥の神部の席が前に出てきていてパテントの囲いができている。
「社長室っでも作ったのか?」
「いや、ネット時代に業務の拡大を始めるのですよ。ちょっと狭いがパテントの中に入ってください」
 ドアを押すと女性の背中が見える。神部は入ってこない。
「私就職したよ!」
 セーター姿のアゲだ。
「どうして?」
「神戸社長に誘われちゃった。そばに行きかったの。それにやっと部屋を出る勇気ができた」
「自閉症だと聞いたが?」
「母親が再婚した時から10年部屋に閉じこもってパソコンばかりしていた。ちょっとやばい写真を載せてブログを書いていて正一社長に仕事の依頼を受けた」
「もしかしてあの時バージンだった?」
「バンバンのバージンだったよ。でもオナニーばかりしていたから・・・」
 なんだか責任を感じるな。
「どこに住んでいる?」
「神戸社長の2階を間借りしている。奥さんと娘さんが2人、もう少し慣れたらアパートに行く。このパテントも取り払う」
「よしがんばれ。落ち着いたら食事にチャレンジしよう。アゲは可愛いから彼氏もできるよ」






スポンサーサイト

テーマ : ミステリ    ジャンル : 小説・文学
  1. 2018/12/16(日) 06:11:22|
  2. ミステリー
  3. | comment 0
<<秘密8 | BLOG TOP | 秘密6>>

comment


  管理者にだけ表示を許可する
 

<<秘密8 | BLOG TOP |  秘密6>>

プロフィール

yumebito86866

Author:yumebito86866
夢人です。これは『空白』に繋がる作品ですが、これは段ボール箱の住人ではありません。今回書下ろしで書き始めました。ここに登場する人物はみなどこかで触れあった人物ばかりです。そして知った事実がこの小説を書かせました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Designed by U-BOX


FC2Ad